忍者ブログ
ディメンションゼロを5人組+@が研究するブログです。 相互リンク随時募集中!!
2017/04
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

k.316が『第【六】回新カード考察』をやってしまいましたが、今回は『第【6】回新カード考察』です。

細かいって?実はJOKERは几帳面なので、そういうことはキチンとしていないと気が済まないのです。


さて、新カードですが今回は黒のカードのようです。

レディ・アルストロメリア
レアリティー:S 色:黒
種別:ユニット 種族:サキュバス
タイミング:クイック
使用コスト:黒1無3 移動コスト:黒1無1
パワー:4000 スマッシュ:1
効果:
このカードがスクエア以外からスクエアに置かれる時、あなたは自分の墓地の上からカードを3枚選び、ゲームから取り除く。それができないならば、かわりにこのカードを持ち主の墓地に置く。
このカードがプレイされてスクエアに置かれた時、相手はバトルスペースのスクエアにあるパワー6000以上の自分のユニットを1枚選び、持ち主の墓地に置く。

Sレアサキュバスktkr。イラストがエロいな~と思ってたらまさかのフレーバーでしたwwwww
肝心の能力ですが、強い・・・んじゃないでしょうか?パワー6000以上なら『スカルジャイアント』や『Jr』も引っ掛かりますし、何より黒の天敵である「対象にならない」持ちの、『エスティタート』や『アルバ』も倒せるんですから強いです。特に『アルバ』は「加速」も持っているので、ベースを破壊する手立てのない黒にとっては最強にして最悪の敵でしたからね。
ただ『ノエル』と同じように生け贄を出されるとどうしようもない上に、墓地に依存している黒にとって、除外するなんてもってのほかですし、若干使い辛いとも思います。さらにこの除外能力は、「墓地から」ではなく「墓地の上から」なので自分の意図しないカードが除外されたり、下手に墓地をいじると最悪デュエルロスにされてしまうので注意が必要です。
とまぁ中途半端な評価ですが・・・
JOKERは3枚集めます
だって、ねぇ・・・?

監獄時計アルカトラズ
レアリティー:U 色:黒
種別:ユニット 種族:デビルクロック
タイミング:クイック
使用コスト:黒2無3 移動コスト:黒1無1
パワー:6000 スマッシュ:1 禁呪:2
効果:
あなたの墓地にあるユニットが10枚以上の場合、このカードのパワーを+2000し
スマッシュを+1する。
プランゾーン効果(このカードがプランゾーンにある場合、以下のテキストが有
効になる。)バトルスペースのスクエアにあるすべての種族「デビルクロック」
のあなたのユニットに以下の能力を与える。『このカードがスクエアから墓地に
置かれた時、相手は自分の手札にあるカードを2枚選び、持ち主の墓地に置く。


4thになってから強化されることのなかった団結種属に、禁呪を引っさげて新しい仲間がやってきました。
基本スペックは同じ禁呪2の『シャローン』に若干負けてはいますが、注目すべきは「プランゾーン効果」です。
「デビルクロック」が墓地に置かれるたびに2枚ハンデスって結構強くないですか?『フリーズクロック』を投下するのであれば、一度に3枚ハンデスできますし、『アンタッチャブル』と組み合わせれば、パワーをマイナスしつつハンデスしたりなんてことも出来てしまいます。
それにたとえ引いてしまっても、先ほど言ったように『シャローン』に見劣りはするものの、5コスのユニットとして十分なスペックを持っているので場に出して活躍させることができます。自身の能力を使っていれば墓地にユニットが10枚以上いるという条件も、そこまで難しくはないと思います。
ただ『アイスクロック』とは若干相性が悪いですがそこはあまり気にしなくても大丈夫でしょう。(『アイスクロック』の能力で結局墓地は肥えていきますしね)
JOKERは『時空城塞』と組み合わせて、「死にそうになったらプランへ!」みたいなことをやってみたいな~と思います。


とまぁこんな感じで今回の新カード考察を終わりたいと思います。
毎度おなじみ(?)JOKERの予想では、明日は白のカードだと思います。

最後に前々からいっていたデッキ紹介ですが、明日の新カードが青でなければ、『関東最強決定戦』のレポートを交えてお送りしていきたいと思います。
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]