忍者ブログ
ディメンションゼロを5人組+@が研究するブログです。 相互リンク随時募集中!!
2017/06
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >
どーも、Aliceです。夜中更新ですが思ったことを。

とその前に少し。いやー、全最が迫ってきましたね。一体うちは何人出るのやら?
チャンプは当然だけど、他はやる気無さそ〜だし。ま、優勝は関東勢なら誰でもいいよね。(適当)
全最に向けてご自分のデッキ等忘れ物がないようにしましょう。忘れて出れないとか一生の後悔が付き纏いますよ。事前準備はしっかりと。


さて本題に行きましょう。てか直前でお前何書くのよ?と思ったそこのあなたは…鋭い!!
全最攻略本で心・技・体は分かったし、心構えまで乗ってたからお前の出番なんてねえから!!

とあなたが言いたいことも分かりますがまあ聞いてください。






全最が迫ってきた中、各々方のデッキとかプレイングとかに今更口を挟むつもりはありません。
ですが、一つだけみなさん気をつけてほしいことがあります。といっても時間配分とかデッキの予測とかは前回の記事で書いたので割愛します。


今回は「自分の思考について」です。


前回僕は2デッキ性の50分なので思考の簡潔化をしましょう、と言いました。確かにそのとおりです。では今回は、「思考を簡略しないでください。」とあなたに伝えたい。

「は?矛盾してね。Alice何言ってんの?とうとうおかしくなったか…」とおもった貴方はおそらくプレミが多いですね。本番でやらないように頭の隅に以下のことを入れておくことをおすすめします。

思考の簡潔と思考の簡略は何が違うか?似たようなことなのに何故今更取り上げるのか?
前者の簡潔は「余計なものがなくすっきりしている様」を表し、後者の簡略は「手軽で簡単なこと、またはその様」を表します。つまり前者は自分の中で筋道を立てて理論があり対応策がはっきりとわかっているのに対し、後者は何も考えず自分の都合いいように考えること、つまり「相手の対応はないな。好きなことやるだけやっちゃえ」と自分勝手のことをしているのです。当然理論もくそもなく、ホントは返しがあるのに勝手にやるから大ダメージを食らうこと必死です。もう言いたいことは分かりますよね?

思考は簡潔がいい。ただ、簡略してはいけない。これが難しい。

相手が放ったその「一手」は果たして意味があるのか?ないのか?
自分の放った「一手」に対応するか?しないのか?

神経を張り詰めて全部を監視しろ!なんて鬼みたいなことは言いません。序盤は特に関係ないですからね。ただ、中盤以降は思考の予測を始めたほうがいい。特に全最は大型大会なので緊張するのも分かります。が、そんな時こそ勝ちたいですよね?ましてやプレミなんてしたくないですよね?


とはいえ、ディメンション・ゼロ久々の大型大会です。

楽しく正々堂々と気持ちよくやりましょうね!!!
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]