忍者ブログ
ディメンションゼロを5人組+@が研究するブログです。 相互リンク随時募集中!!
2017/10
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どうもk.316です

今日の題名は単なる愚痴です、すいません

さて、今日紹介するのは~~!

本命も大本命!五色ドラゴンです!(注、誤植ではありません)

いや~、思えば今までのデッキ紹介はこれのための布石でしたね、はい

さて、前置きはともかくさっさと紹介


ガンマレイドラゴン 2
アニヒレイトドラゴン 2
カタストロフドラゴン 2


悪魔竜ヴァレフォール 2
仮初の同盟 2
真夜中のダンスパーティー 2
破滅の刻印 2


大増産ライン 3
シルヴィアの竜姫 3
機械竜ラルゴ 2
機械竜エスティタート 2
サイレントマジョリティ 1


深淵竜メイルシュトローム 2
深淵竜レインボーレイン 2
対決 2


妖精の社交場 2
妖精竜スターフルーツ 2

混色
ファンシーカットペリドット 3
無限凍結 2

赤9枚、緑7枚、白11枚、青8枚、黒10枚(混色の色も追加しています)
ストラテジー11枚、ベース5枚、ユニット24枚という仕様になっております

今回は五色デッキなので丁寧に説明します

・ペリドット

・シルヴィア
文字通り姫、大増産があれば1コスで出せる素敵ユニット、キーパーツの一つ
・エスティタート
真っ暗闇の部屋をベースにしていた時は「出すはいいけど移動が重いからすぐ除外」という理由により抜いていましたが、今回の大増産のおかげでちっちゃと出せるようになったため復活
・ラルゴ
最近人気が上昇中、出しまくったユニットを一気に敵軍に!とか、強力ユニットの投下を回避!等と色々使えます
・大増産ライン
これもキーパーツの一つ、ベースなのでデッキによっては全く邪魔されません(逆にデッキによっては無力化されますが…)
・マジョリティ
このデッキは必然的に長期戦になるので(短期戦=敗北)このカードのおかげで勝つこともざらにあります
・メイルシュトローム
赤緑等に場を圧倒された時に使います、パワーも7500とあるのでそれなりに戦えます(基本的に自分は投下しかしませんが)
・レインボーレイン
夢です、ロマンです
・対決
序盤を生き残る為の生命線、除去が8枚も入るのは仕方がないことです
・妖精の社交場
デッキを加速させるカードのひとつ、エキドナを入れて破壊されても使えるようにしよいかと考え中
・スタフル
その気になれば一気に逆転出来る切り札的カード
しかし最近は相手エネにも恐ろしいカードが多い事があるので、余り場にはでない
・ヴァレフォール
シルヴィアとの組み合わせが非常に強いです
あるだけで相手の牽制になれます
・仮初め、ダンパ
序盤を生き残る(略)
・破滅の刻印
派手だから入れてみたんですが、中々つかいずらい(というか8コスのユニットがいねぇ!)出てくるとしてもせいぜいガンマレイかシルヴィアなので変えようかと考え中
・ガンマレイ
序盤を凌ぐことができ、急襲を持っているため移動コストがかからず、しかも色が赤1のため上手くいけば三ターン目に大増産→竜姫→ガンマレイという流れが出来ます
・カタストロフ
皆大好き(大嫌い)カタストロフ、応用性は余りありませんが、単純に強い大増産等により5、6コスで出せる事もしばしば、とにかく強い
・アニヒレイト
こちらも皆大(略)
真っ暗闇の時は手札にさえくればどこにでもおけたんですが(スマッシュと山札を除きます)今は使い所が難しくどうしようか迷っています
・無限凍結
ただの嫌がらせ兼色要員です、フェアコロ戦や友人Pのマオ戦では重宝します

こんなもんですね
前回の真っ暗型、聖地型と比較すると
・事故った時の危険性が上がった
・純粋なユニットの展開力が上がったため、天敵赤緑と戦いやすくなった(これ重要)
・真っ暗闇の一発大逆転的な派手さと聖地の堅実さが抜けた代わりにいかにもなドラゴンデッキになった(ワーイワーイ!)
こんな所

今後の課題としては
・墓地&除外をどうするか
・破滅の刻印の使い道を考え直す
・ロマンを追い求めるか勝利を追い求めるか!?
・ハンドキープをどうするか
・戦うユニット(8コスクラス)を減らすか増やすか?
といった所です

自分の得意(というか趣味)分野なので長くなってしまいましたがどうでしょう?
何かご意見等がありましたら是非コメントしてください(色を減らす的な意見は採用出来ません)

という訳で今回はここまで
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]