忍者ブログ
ディメンションゼロを5人組+@が研究するブログです。 相互リンク随時募集中!!
2017/10
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「Like a Butler」っていいね!

思えばすでに春
ブログを作ってから約1か月、あっという間ですね~
思えば色々ありました(試験とか試験とかツアーとかプロになったKYとか)
さてそんな中でも自分は5色を世間に広めるためにこの記事を書こうと思います。

今回は初心に帰って5色のまわし方についてです
 

まず最初に言いたいのはここに書いてあるのはあくまで主観ですので皆さんの参考になるかは分かりません、自分の意見を鵜呑みにせず自分だけの5色を作って下さい
ちなみに長くなりそう何で何回かにわけようと思います

1 ギミック型
いわゆる産卵科やスタフル、エキドナや絶望の都の魔女(使った事がないんでコンボは紹介できません)等が挙げられます

まず産卵科の場合、ベースを壊す物としてJrや悪戯、ローゼンメモリーがありますが私的には悪戯がお勧めです
何しろエネ加速、およびエネ拘束は5色にとって超重要なんで。赤緑等への対策をしたい場合はJrを、青黒プラン等への対策をしたいならローゼンメモリーといった所でしょうか。

次にスタフル、こちらを主軸として使いたいならデッキをエネ加速重視にしてさっさと出すか先程紹介した産卵科で3、4ターンに出すかということになります
しかしここで注意、仮に後者の方法を使おうとするならベースを壊す物として入れるのは悪戯にし、デッキからエネに置くのはラルゴにしましょう、そうしないと壁を作ることはできますが、エネがたらず攻めることができません。さらにエスティタートやジーガンパオを出せると鬼畜になります

エキドナを組み合わせようとするならデッキは必然的に除外重視になります、除外と言えばミッドナイト、シルバーワイズ、終りの部屋、始まりの部屋、といったところでしょうか。エネ拘束を気にしたくないなんて人はミッドナイト、コルヴィッツの邪魔をしたいなんて人はシルバーワイズ、黒を中心にシュレーゲルと組み無双をしたいなんて人は始まりの部屋ですね~
ちなみに自分が愛用していたのは終りの部屋
デッキに入るユニット(基本的にドラゴン)を7~9コスのパワー8000超えのユニットを中心とし、序盤はガンガンプランをめくってユニット(ピアノフォルテ等)を墓地に送り、終りの部屋で敵を一掃!エキドナを出して一気に展開!!なんてことをやっていました。最近は融解等がいるんで使っていませんが……

こんなかんじでしょうか、まぁ組み合わようと思えばどのコンボも案外簡単にできます。なにせ5色ですから!!
注意するべきはメローや決意と言ったカードですが、それに関しては除去したりチワワを出すなどをして対処して下さい(無責任ですいません)

というわけで今回はここまで
PR
この記事にコメントする
お名前
タイトル
文字色
メールアドレス
URL
コメント
パスワード   Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
この記事へのトラックバック
この記事にトラックバックする:
Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]