忍者ブログ
ディメンションゼロを5人組+@が研究するブログです。 相互リンク随時募集中!!
2017/12
< 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

どーも、ありすです。では前回の続きから。

前回、デッキは青黒で作ればいいということが分かりました。では早速レシピを載せてみましょうか。


デッキ名: 蒼黒コントロール
作成者: ありす
(デッキ作成サイトで見る)
禁呪合計: 30
メインデッキ
【ユニット】
2×《大陸アルドのマーメイド》
3×《ギガント・トリトーン》
3×《断裂の魔氷クレバス》
3×《アイスドラゴン》
3×《突き刺す人形シェリー》
2×《イビルアイ・アサシン》
2×《メロー・カード》
3×《闇の天使アポカリプス》
3×《幽魔タスヴィーリー》
【ベース】
3×《ペット・セメタリー》
【ストラテジー】
3×《ダークサイド・ソウル》
3×《バードマン・ソウル》
3×《ピカレスク・ロマン》
3×《冥王の刻印》
1×《真夜中のダンスパーティー》

サイドボード
【ユニット】
2×《濃霧の魔氷フォッグ》
【ストラテジー】
3×《不運の始まり》
2×《サイバー・テロ》
3×《霧の浸食》


前回も書きましたが、青は手札調整で黒はダンパが主な理由で選んでます。プラス黒でできること、それは「ハンデス」です。今回はそれが出来るような構成にしました。
ピカレスクロマン+アイスドラゴン+α のコンボは強いのでとりあえず入れておき、手札に貯めやすいようにソウル二種類を入れ、あとは相手のユニット、ベースを捌ききるカードだけを入れました。不運を入れたのはサイドボード後に相手のデッキがどんな構成なのかを知るため。後は別段わからないカードはないと思います。
銀行を入れるかどうかだけ悩んでいますが、調整してから考えます。

スタックが重なっているのでこの辺で。  (   *^-^*)ノ~~マタネー!!
PR

どーも、最近町田会に行けてないありすです。皆様いかがお過ごしでしょうか?

では早速本題に行きましょう! (何か前振り思いつかなくて・・・)


実は千里夜行さんからこんなお題を頂きました。

『メインデッキとサイドボード込みのデッキ紹介。仮想敵に対したときのサイドボード後の形と、そのサイドボーディングの解説つきの記事。長いと読みにくいので、何回かにわけた連載記事で。デッキは好きなのでいいけど、もし迷うなら「もし自分が来週全最に出るなら選ぶもの」とかで』(by 千里夜行)

なるほど。確かに考えたことは無かったなと思いつつ、早速取り掛かってみたいと思います。


①この環境について。
何はともあれ、まずはこの環境を知らなければ話になりません。
自分が思うにこの環境は大きく分けて二つに分があると思っています。1つはランデス。もう1つは白単ビートです。ランデスは分かると思うので何故白単ビートなのか。簡単に書くと(こう思い切って書くとかなりの語弊を生みそうですが、)「忠実なる闘士フェンリル」と「禁呪大開放」の存在により『この環境でどんなデッキ相手でも対等以上に渡り合えるデッキ』となったデッキであるということです。そちらもデッキレシピも需要があれば載せるとして今回は先に進みましょう。

では選択するデッキとしては、この二つのデッキに勝てる、少なくとも有利な状況に持っていけるようなポテンシャルを持ったデッキではなければいけないという事です。ランデスには絨毯爆撃系の「エネルギーゾーン効果」で、白単ビートには「忠実なる闘士フェンリルをどうにかするカードを入れる、ただしコストは7以下に抑えるか、または4コストを払えるようにエネルギーを配分を考える」と言ったところでしょうか。
ではそこを踏まえてデッキを選択していきましょう。

②デッキ選択にあたり
ランデスは置いといて、まずは白単から考えていきましょう。
白単を相手にした時に気をつけなければならないことは、むやみに対象にとってはならない&しっかりと対策の対策を講じる といったところでしょうか。その為にしなければならないことは手札を調節することです。よってここは手札を調節しやすい青色を候補に挙げときましょう。
次にランデスですが上述のとおり「エネルギーゾーン効果」を持つカードでいいでしょう。ただし、ランデスには大巨人の盾が入ることがあるので9000火力を与える「絨毯爆撃」では足りないことが容易に考えられますのでここは「真夜中のダンスパーティー」を使いましょう。よってここは黒色を候補に挙げときましょう。

これで使用デッキは青黒で作ればいいことが分かりました。早速作っていきましょう。



…と、いいたいところですが、この続きは来週に回すことにします。

それではさようならー ( ´・ω・`)ノ~バイバイ

どーも、ありすです。この更新自体久々すぎて若干忘れてました(汗)
反省反省(´・ω・`)


では気を取り直して。

ちょっと前に「ディメンション・ゼロ 情報収集&デッキ作成サイト」(http://komekkun.com/d0-rss/decks/pub_index)というものが出来ましたね。みなさん活用していますか?
これは禁呪制限がなく、サイドボードも作りやすい上に違う人が作ったデッキレシピを見ることができるという優れもの!!!これを使ってバンバン意見交換しましょう!!!


では本日の本題。

僕は245環境では赤青融解を使っていました。今更か?と思いますが、赤青という配色の強みは、ドロー、火力、リリースインなどを安定して行うことができるということです。
まあ、まずはデッキを見てもらいましょうか。

「ありす式赤青急襲」

ユニット
《融解戦鬼灼熱王》*1
《機神兵シャトラ》*3
《ライトニングホーン・ドラゴン》*1
《激発の魔炎バースト》*3
《機神兵ハイラ》*3
《バーミリオン・ハンター》*2
《祭儀の踊り子リムセ》*3
《光の巫女ホリプパ》*1

ベース
《バグ・キャッスル》*3
《ゲリラ屋のフィールド》*3
《ガラクタ試作兵器倉庫》*3
《バウンティハンターズ・ハウス》*1

ストラテジー
《絨毯爆撃》*2
《覇王の息吹》*2

ストラテジー
《バードマン・ソウル》*3
《サイバー・チェイス》*3
《ダークサイド・ソウル》*3


まずはじめにありすは「うう脳」です。感覚的に話しますので分からなかったらご容赦を。
①赤青急襲と言ってますが、基本は赤単t青だと思ってください。手札が足りなくなるのですが、プランを開けるだけで何とかなるようにソウル2種はガン積み。プラン操作できるサイバーチェイスは当然3積み。僕の好きなカードなのでこれは外せない。(笑)
②ソウルを積んでるので絨毯爆撃をそこまで積む必要性は(たぶん)無い。
③序盤から動きの最大値を見極めて行動します。相手に対応できるようにエネを残すのではなく、一点でも多くたたき込めるように行動します。当然リムセは警戒されているので、先にバーストを突っ込ませるのもアリ。さらにバーストが6コスト以上なので絨毯爆撃の効果対象になるのでいきなりランデスされても全然問題なし。バースト死ぬけどね。
④途中まではイケイケで押し込めますが、ターンが経つにつれ、相手の総エネ数が伸びてきてしまい、返しで盤面が壊滅することも。短期決戦を心がけましょう。よってスマッシュは3→4か3→2&2かその逆となるはず。重要なのは+αの追撃。覇王の息吹を採用したのは1エネ軽減できるから。(軽減した1エネでベースを貼りたいので安易にベースはエネルギーゾーンに置かない。)物量優先なのか一回のスマの威力重視なのかは盤面しだい。


こんなところですかね?この環境でもまだまだ行けるデッキだと思ってます。

それではこのへんで〜。(*^-^*)ノ~~マタネー。

どーも、ありすです。
前の更新ではお騒がせしました。どうやら自分が勘違いしていたようです。申し訳ありませんでした。

その罪滅ぼし(?)になるかは分かりませんが、もう一つガチデッキをご紹介します。



と少しここでお話を。



D0で勝つ条件は何でしょうか? そうです。相手にスマッシュを7点叩き込むことです。

では逆に負ける条件は何でしょう?7点ダメージを受けたとき?確かにそうですね。
でももう一つありますよね? そう、それは…



「デッキが無くなった時」 です!!!



今回はそこに着目して作ってみました。



「揃ったら勝ち!『デッキ破壊特化型』デッキ」


ユニット
《犬闘士フェンリル》*3
《ブラッディ・マリー》*3
《突貫工リリア》*1
《忠実なる闘士フェンリル》*3
《シェカラート》*3
《鳴り響く斧の乙女》*3
《エヴァンジェリカル・エンジェル》*3

ベース
《メディテーション・ルーム》*3
《ソーラービーム・サテライト》*3
《クリスタル・コロニー》*3

ストラテジー
《信頼の証》*3
《サイレント・マジョリティ》*3
《フロッグナイト・タクティクス》*3
《ピースブリンガーの聖句》*3


肝心なことはサイレント・マジョリティを打つことですが、相手がクレバス出したそうな顔をしたら「しょうがないな(´・ω・`)」という顔で出せて上げることです。

では解説の方へ行きましょう!ヽ(´▽`)/


〇サイレント・マジョリティ:当たり前ですがこのデッキの主役であり根幹です。こいつを何回打つかで勝敗が決まるよ!クレバス?出していいよ!ドローしていいよ!(満面の笑み)
〇フロッグナイト・タクティクス:基本は使ったサイレント・マジョリティを使いまわすためですが、状況に応じて様々に使い分けましょう。
〇信頼の証:相手のスマッシュ抑制カード。クリスタル・コロニーを採用しているとは言ってもやっぱりコイツも欲しい。またプランに見えたサイレント・マジョリティを回収するのにも。
〇ピースブリンガーの聖句:優秀な相手ユニットフリーズカード。白単だし、コストが軽いこちらの方を採用。早いデッキに殺されたくなかった。。。(´・ω・`)
〇忠実なる闘士フェンリル:相手の速度を遅くする&自分のユニットのパンプ用。
〇4コス軍団たち:相手がクレバスで迷わないようにわざと全部コスト帯を統一しました。これにより、相手はたくさんドローしてくれることでしょう。(満面の笑み)
基本パワーがフェンリルと合わせて8000になるので及第点かと。
〇突貫工リリア:ソーラビーム・サテライトを使いまわしたり、クリスタル・コロニーを破壊する計算を狂わせたり。
〇鳴り響く斧の乙女:当たり前の投下用。そう、「投下用」。つまり自軍まできてしまったユニットは無視すること。他のカードで対処しましょう。こいつは中央でよく分からんことしてくるやつを倒します(主に隊列召喚系)。終盤腐りそうでも1枚は持ってましょう。フェンリルと合わせて9000パワーはそうそう突破されないはずです。
〇ベースたち:相手の計算を狂わせる、盤面をごちゃごちゃにする役割です。特にコストを要求しないメディテーション・ルーム、ソーラービーム・サテライトは完全に採用でしょう。


いかがでしたでしょうか?メタが変わりましたかね?変わったら幸いですが。
前回も言いましたが、是非一回使ってみてください!どのデッキも楽しいですし、新たな発見があると思います。

それではこのへんでー♪ ばいばーいヽ(・∀・)ノ!

どーも、ありすです。予告通り今回はガチです。ガチなので長いです。

ちょっと今回個人的な意見を少し。


今、この全最環境(1245環境)ではトップメタと呼ばれるデッキが存在します。
それは「青緑ランデス」と「緑単刀匠」です。(個人的には緑単刀匠より白単だと思うんだけどまあいいや。)
このデッキは誰が使っても「うん、強い。」と言われるだけの性能を持っているし、事実このデッキだらけになりそうなのも目に見えていました。

ある日、D0タグを見ていたらひつじさんのブログ(http://fudaduke.blog77.fc2.com/blog-entry-619.html)にこの言葉がありました。

「今のD0は楽しくない、疲れる。」「対策デッキを大募集」

ショックでした。強いデッキを使い、強化するだけなら誰にでも出来ます。募集する前に自分で作ってみようとはしないのかと。ましてやトップメタのデッキがD0をつまらなくしているだけなのかと。(注:個人的解釈です)
この言葉でありすは誓いました。「メタをひっくり返すようなデッキをつくってやる!!!」と。
僕は本当に勝つ気でいます。だからこそ、秘蔵デッキは公開しないようにしてきたし、後悔しないように何回も練習しています。情報も密かに集め続けてます。
でも、ちょっとそんな事を言ってる場合ではありません。有限のカードプールの中で如何にして質の高いデッキを作るか。美しいデッキを作るか。
まず第一に「D0は楽しいカードゲームなんだよ!」って胸を張って言えるようにしたいと思いました。
あと、『北海道と本州で牽制しあってる』って書いてあったけど、僕自身使うデッキ(赤青融解)はブログにレシピ載せてるし、僕の場合はD0タグやTwitterとかで募集かけてたからそこは単に単にメタが違うってのではなく、集まる人の意識の違いなんじゃないかな?
僕自身が非公開にしてたつもりはありません。今でも調べれば載ってますし。

 

だいぶ、前置きが長くなりましたがここからが本番です! 行きますよ!!!
(今回はしっかり解説しますよ♪)


①「完成された白単」

ユニット
《犬闘士テリア》*3
《ブル・ショット》*3
《ブックキーパー・エンジェル》*3
《聖騎士ホーリー・クレイモア》*3
《忠実なる闘士フェンリル》*3
《シェカラート》*3
《大陸アルドの山犬》*3
《エヴァンジェリカル・エンジェル》*3
《光の天使ピース》*3

ベース
《緊急防衛都市》*2
《タクティクス・グラビティ・フィールド》*3
《ソーラービーム・サテライト》*3

ストラテジー
《白銀の衝撃》*3
《ボーイ・ミーツ・ガール》*2


メタに合わせて解説します。

〇犬闘士テリア:この環境での必須カードその1。まずランデスを防げるし、プレイ時は4000なのでアルドのキメラと相打ちを取れます。
〇聖騎士ホーリー・クレイモア:相手がスマを勝手に喰らう緑単相手なら文句なしに先出ししていいカード。4000だからキメラと相打ちにできる。
〇忠実なる闘士フェンリル:この環境での必須カードその2。緑単の速度を遅くできるし、全体2000パンプは文句なし。4500だから一方的にキメラを(ry
〇大陸アルドの山犬:この環境では優先度が高いカード。相手が打つストラテジーのコストを+1します。手札だろうがプランだろうがどこでもです。バードマンソウルやダークサイドソウルもプランから打つときは無1払ってください。ランデスも1ターン遅らせることができます。コイツの代わりで入れるなら聖騎士ホーリー・ブレイカー。
〇ブックキーパー・エンジェル:緑単相手なら間違いなく出していいカード。手札から出てくるときのデメリットも緑単相手ならメリットに変わります。且つ対象にならない&パワー上昇。十分及第点です。
〇エヴァンジェリカル・エンジェル:特殊な置き方をしたユニットを戻す為。ランデス相手にも緑単相手にも先出ししていい。こいつにストラテジーを使うならますますおいしい。
〇ブルショット、シェカラート:言わずとも知れたパワーカード。奥に引っ込んでいる奴を殺したり、ルール効果で殺したり。こいつらの盤面影響力は偉大なので全力の3積みずつ。
〇光の天使ピース:この環境での必須カードその3。アンタッチャブルを付与するカード。必ず白2残しを意識しましょう。コイツが出れば勝ちも同然。6〜7ターン目では巻き返せるカードは稀。
〇緊急防衛都市:非常に迷ったカード。相手がスマを食らうと出てくる為、追加のユニットとしてはすごい便利。ただ、個人的には「雲海の牧場」でもいいとは思ったが、+1000が偉大な為こちらを採用。
〇タクティクス・グラビティ・フィールド:この環境での必須カードその4。これがあればファッティカードは何もできない。安定と信頼の3積み。
〇ソーラービーム・サテライト:ブルやシェカでのルール殺しをするために3積み。刀匠やクリスタルコロニー、大増産ライン等を壊す為。
〇白銀の衝撃:小物をわらわら出したり、覚醒で詰めユニットを出したり。ブルが3積みなので覚醒も十分狙っていける。X=4以上の時にはデッキの上から3枚避けてからデッキを見よう。
〇ボーイ・ミーツ・ガール:これの役目は自分のユニットを守る他に、緑単のバーサーカー・ドラッグの効果不適切を狙うという意図がある。ただ優先して入れるカードでもないので2積みでストップ。

 

どうでしょうか?続いて行きますよ!!!

 

「対ランデス特化デッキ」

ユニット
《クリムゾン・ドラゴン》*2
《攻城戦鬼砲撃王》*3
《誇りの王ボンガ・ボンガ・ボンガ》*3
《闘神ゴリョウ》*3
《ライトニングホーン・ドラゴン》*2
《マグマ・ダンサー》*3
《光の巫女ホリプパ》*3
《神龍》*3

ストラテジー
《絨毯爆撃》*3
《火事場泥棒》*3
 

ストラテジー
《真夜中のダンスパーティー》*3
《冥王の刻印》*3
《霧の浸食》*3
 

ストラテジー
《バードマン・ソウル》*3


それではメタに合わせて解説していきましょう。これはコンセプトで重要な順から解説します。

〇火事場泥棒&冥王の刻印:コンセプトの中心。冥王の刻印でストラテジーを落とし、火事場で除外。どちらも有色は1なので意外とやりやすい。ファッテイが害悪なのはピカレスク・ロマン→アイスドラゴンと繋がるから。ならば、先に墓地にピカレスク・ロマンを落としてしまえばいい。万一、次のカードを引かれたとしても、アイスドラゴンの効果にスタックして墓地を焼けばいいだけ。刻印は雑に打っても問題ないけど、火事場は考えて使いましょう。
〇絨毯爆撃&真夜中のダンスパーティー:このデッキの根幹。ランデス対策や下記記述の攻城戦鬼砲撃王や誇りの王ボンガ・ボンガ・ボンガのデメリットの回避、単純に6コスト以上に打ってエネブする等。
〇神龍:墓地に送らず除外させるカード。デッキの根幹をストラテジーカードにしたのは後々コイツの餌へと繋げる為。こいつが2パンすればゲームが終わる。また、攻城戦鬼砲撃王+絨毯系+神龍で実質無限に対象を取ることができる。しかもバトルタイミングでベースを吹っ飛ばせる。  
このコンボだとベースは飛ばせないらしいです。代わりに無限プランはできるみたいです。
〇霧の浸食:ハンデスカード。このデッキはほぼほぼ重いカードが入ってるので意外と4枚くらいは楽に見れるはず。緑単はこれでお茶濁しとかないと笑えなくなる。代わりに入れるなら青のパラドクスストーム。理由は赤と黒で対処できないカードが出てきても困らないように。ただ、プレイングは相当難しくなる。僕は挑戦しないと思う(笑)
〇攻城戦鬼砲撃王&ライトニングホーン・ドラゴン:どちらもベースに干渉できるカード。ただ、神龍が着地して効果シナジーのある砲撃王の方を3積みにした。ライトニングホーンは白単以外だと出す機会がない&パワー不足なのだが、墓地を肥やすカードであるため2積み。
〇誇りの王ボンガ・ボンガ・ボンガ:緑単相手には積極的に出していきたいカード。出せばパワー9000、スマ3という規格外のパワーを持つ。こいつが2パンしてもゲームが終わる。デメリットは絨毯系のカードで回避するので自身のダメージは実質0。
〇闘神ゴリョウ:序盤のカードを根こそぎ倒すために採用。キメラを一方的に倒し、赤1で歩いて行けてその度に+2000は文句なしに採用カード。
〇クリムゾン・ドラゴン:ラインのユニットに6000ダメージ&除外。引っ込んでるのを倒しつつ手前のユニットを殺したり、隊列召喚ビッグアイを屠ったり、パワーと合わせて12500ダメージ合わせて除外したりと。困ったら投げてみよう。(笑)

〇マグマ・ダンサー:特殊置きを許さないただそれだけ。メローじゃない理由は赤エネが欲しかったという理由だけ。
こいつの効果を勘違いしている人がいるみたいだからここではっきりさせておこう。
効果:相手のユニットが相手のカードの効果でスクエアに置かれた時、そのユニットを持ち主のスマッシュゾーンにリリースして置く。相手は自分のスマッシュゾーンのカードを1枚選び、破壊する。

例:マグマ・ダンサー+αが場にいて融解戦鬼灼熱王が効果移動で倒そうとした場合
融解戦鬼灼熱王の効果でマグマ・ダンサーを倒す→マグマダンサーが死ぬ→追加で効果を起動し+αと相打ち→融解戦鬼紗季熱王が墓地に行った場合
                   ↓
マグマ・ダンサーの効果が解決され単にスマッシュが一枚割れます。

(大変失礼致しました。僕が勘違いしてました。申し訳ありません。指摘してくださった皆様ありがとうございました。)

〇バードマン・ソウル:ただでドロー&墓地に行くから。


どうでしょうか?特に赤黒 対ランデスデッキは是非一度使ってみて欲しいと思います。
それにしても慣れないことをしたせいか頭がすごく痛いです(笑)。これを水曜日の更新分とさせていただきます。ご了承ください。

 

引き続きご依頼は募集してますよ。「このカードをガチ構築したらどうなるんだ?」とか「私このカード好きだから是非ガチに!」とか「色指定のこういう感じで!」とかどんなのでもどんどんどうぞ。( ^ω^)_凵
ただし、あまり無茶なのはやめてください。(´・ω・`)。疲れちゃうので。


それではこの辺でまた来週お会いしましょう!!!バイバーイヽ(・∀・)ノ!!!

Admin    Write    Res
忍者ブログ [PR]